女性研究者の採用や人事評価をテーマに、執行部・部局長・事務管理職の皆様を対象に、外部コンサルティングの支援を受けながら、女性における人事制度についての問題点や課題を抽出し、制度設計を検討します。

【2020年度】

 

取組 実施時期・対象 内容
e-ラーニング ①実施時期

10月2日~12月31日

対象

学長、学部長、

そのほかのダイバーシティ推進会議構成員

②実施時期

11月4日~令和3年2月1日

対象

①以外の教授職・課長相当職以上の職員、附属学校園の各長・教頭

・「無意識バイアス」について対象者に「ダイバーシティ学習プログラム(e-ラーニング)」を実施
報告会・ワークショップ

(オンライン)

レポートはコチラ

実施時期

3月18日

対象

各部局長や女性研究者などのプロジェクトメンバー

・講師による無意識バイアスについての講演

・e-ラーニング結果をもとに、大学の傾向を説明

・ワークショップ

1)無意識バイアスをふまえて

__女性研究者が活躍するための現状課題は何か
2) これから取り組むべきアクションは

シンポジウム

(オンライン)

レポートはコチラ

実施時期

3月26日

対象

佐賀大学教職員・学生、一般の方々

・講師による基調講演

・基調講演後、質疑応答

視聴者からの質疑に対し、講師・ダイバーシティ推進室の室長・副室長にて回答および意見交換有志メンバーからの意見ヒアリング

 

 

【2019年度】

 

ステップⅠ
現状把握
1) 事前打合(2019年12月18日)
2) メンバー編成
3) 事前アンケート実施・回収
・・(令和2年1月10日~17日)
・本プロジェクトの目的、位置づけ、進め方の合意

・参加メンバーの確認

・事前アンケートの内容確認と実施

ステップⅡ

課題提起

1) 第1回ワークショップ

・・(令和2年1月22日)

・女性研究者に焦点をあてる背景や目的と情報提供

・グループ討議を通じての認識確認

・佐賀大学における理想の姿のイメージ

ステップⅢ
課題整理
1) 第2回ワークショップ
2) インタビュー(令和2年2月26日)
・理想イメージ実現に資する課題のグループ討議

・女性活躍推進の観点からのグループ討議

・有志メンバーからの意見ヒアリング

ステップⅣ
課題整理
1) 打合せ(令和2年2月27日) ・ステップⅠ~Ⅲを通して発見できた課題の共有

・報告書のとりまとめ方法の認識確認

ステップV
報告会
1) 報告会(令和2年3月27日)

レポートはコチラ

・本プロジェクトの全体総括

・本プロジェクトから発見できた課題と次年度以降に向けてのご提言

 


 

研究力強化
ダイバーシティ環境整備